« 全国高校野球岩手県大会決勝 | トップページ | 夏期講習開始!! »

2013年7月27日 (土)

悪太郎

昨日、東北楽天の田中将大投手が開幕から14連勝を達成しましたが、昭和41年、高卒ルーキーでありながら同じように開幕から連勝街道を驀進した投手がいました。ジャイアンツの堀内恒夫投手です。

高校を卒業したばかりの少年が、ストレートとカーブだけで並み居るセリーグの強打者たちをバッタバッタと抑えていき、7月27日には、新人のプロ野球記録となる開幕13連勝を達成。シーズンが終わってみれば16勝2敗で勝率1位、防御率も1.39で1位。新人王はもとより沢村賞まで獲得しました。

素行の悪さから「悪太郎」と呼ばれた堀内は、もしかしたら規律の厳しいジャイアンツよりも、もっと自由にプレーできる他球団の方が持ち味を発揮できた投手だったかもしれません。常に勝利を義務づけられているジャイアンツでは、エースが新しいボールや模索中のピッチングを公式戦で試すなどということはできない相談でした。イメージチェンジができず、晩年全く勝てなくなったことを思うと、ついそんな想像をしてしまうのです。

022

« 全国高校野球岩手県大会決勝 | トップページ | 夏期講習開始!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪太郎:

« 全国高校野球岩手県大会決勝 | トップページ | 夏期講習開始!! »