« サッカーの申し子 | トップページ | 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし »

2013年6月23日 (日)

富士山

国連教育科学文化機関(UNESCO)第37回世界遺産委員会は22日、日本政府が推薦した富士山を世界文化遺産に登録することを決めました。これで、日本の世界遺産は、2011年に登録された小笠原諸島(東京都、自然遺産)と同年の平泉(岩手県、文化遺産)に続き17件目となりました。

私の住む一関の隣町平泉が世界遺産に登録されたとき、観光客がドッと増えたことを覚えています。今後、富士山にも、これまで以上に大勢の登山者や観光客が訪れることでしょう。

富士山にはごみ問題などで世界自然遺産の推薦候補から外れた経緯があります。「観光収益増加のためだけの世界遺産登録」と言われないように、景観保全を強く望みます。

Fuji167

« サッカーの申し子 | トップページ | 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山:

» 富士山頂から絶景写す 揖斐川町出身小野さん、東京で作品展 [ローカルニュースの旅]
富士山頂から望む絶景を撮り続けている揖斐郡揖斐川町出身の写真家小野庄一さん(49)=東京都文京区=の写真展が26日、東京都内で始まった。世界文化遺産登録が決まって富士山の人気が高まる中、頂上でしか見ることができない富士山の荘厳と美を疑似体験できる展示会として話題を集めそうだ。7月7日まで。... [続きを読む]

« サッカーの申し子 | トップページ | 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし »