« SFのおもしろさ | トップページ | 名犬 »

2013年5月11日 (土)

゛龍馬″を゛竜馬″に変えた人

好きな歴史上の人物で必ず名前が上がる人物の一人に坂本龍馬がいます。龍馬は「竜」の字を使ったことがありませんから、゛龍馬″と書くのが本来だと思いますが、最も広く用いられている山川出版社の教科書『詳説日本史』では「坂本竜馬」と記されています。「龍」の字は常用漢字ではないから、゛龍馬″ではなく゛竜馬″と記されているのだという説がありますが、では、なぜ「芥川龍之介」の表記には「龍」の字が使われているのでしょうか。

司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』の影響が無視できないというのが私の考えです。司馬さんは、「坂本竜馬」というヒーローを描くために、実在の人物である「坂本龍馬」と区別し、あえて「竜」の字を使ったのですが、小説が大ヒットしたために、日本人の中でフィクションの「坂本竜馬」と実際の「坂本龍馬」の混同が起こってしまったのです。

実際、『竜馬がゆく』以前は、坂本龍馬は現在ほどメジャーな存在ではなかったといいます。司馬さんの歴史小説は、もはや我々日本人の無意識です。

Shiba

« SFのおもしろさ | トップページ | 名犬 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゛龍馬″を゛竜馬″に変えた人:

« SFのおもしろさ | トップページ | 名犬 »