« やる気の出し方 | トップページ | 正義 »

2013年4月12日 (金)

古くて新しい選手

昨日、野手としてすでに一軍の試合に出場している、北海道日本ハムの大谷翔平選手がイースタンリーグで先発登板を果たしました。

大谷選手の二刀流に関しては反対意見もあります。「プロ野球はそんなに甘くない」、「二刀流なんて不可能だ」等々。たしかに簡単でないことは明らかです。何しろ、1950年の2リーグ制発足以降、チャレンジできた人さえいないのですから。しかし、なぜやる前から失敗すると決めつけなければならないのでしょうか。

二刀流にチャレンジできるだけの素質があり、本人もやりたいのであれば、周りがとやかく言うべきではありません。過去には、沢村栄治から大ホームランをかっとばし、投手としてもタイトルを獲得した景浦将のような選手もいたのです。可能性は0%ではないはずです。

皆に無理だと言われたことがもしうまくいったら、これほど痛快なことはありません。同じ岩手県人として、大谷選手の挑戦を見守りたいと思います。

« やる気の出し方 | トップページ | 正義 »

スポーツ」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古くて新しい選手:

« やる気の出し方 | トップページ | 正義 »