2018年2月23日 (金)

公立高校入試の倍率(調整後)

昨日、公立高校入試の倍率(調整後)が出ました。これで確定です。

受験生の皆さん、復習中心に、最後の最後までできるだけのことをやっていきましょう!

http://www2.iwate-ed.jp/sed/pdf/30_ippansigan_ato.pdf

2018年2月22日 (木)

古典は現代語訳やマンガを利用せよ

『源氏物語』や『徒然草』のような有名な古典作品を読んでおくことは受験勉強にも効果的で、本好きの人にすすめます。

その作品のあらすじや人間関係、社会背景などがざっくりつかめれば十分なのですから、原文ではなく現代語訳されたものやマンガでOKです。

「それでは古文の力はつかない」と言う人もいるかもしれませんが、頻出作品の一つひとつを原文で読んでいたら膨大な時間がかかってしまいます。入試は古文だけではありません。率直に言って、国語の一部にすぎない古文にそれほど多くの時間をかけるわけにはいかないのです。

古文を大学入試後も必要とする人はまれです。少しでも省力化してくれるものがあるのなら、迷うことなく利用すべきでしょう。

2018年2月21日 (水)

同感だよ

「雪降らなきゃいいね」と君が言った。

同感だよ。

2018年2月20日 (火)

部活に関するガイドライン

先月、スポーツ庁による有識者会議が開かれ、中学部活に関するガイドラインが示されました。高校もこれに準じます。骨子は以下の通り。

・休養日は週2日以上で、平日は1日以上、土日で1日以上

・夏休みなど長期休業中は部活動も長期の休養日を設ける

・1日の活動時間は平日2時間、休日3時間程度

・科学的トレーニングを導入し、短期間で効果が得られる活動にする

・スポーツクラブなどと連携し、地域のスポーツ環境整備を進める

・大会の統廃合を進め、学校が参加する大会数の上限を定める

「ブラック部活」という言葉に象徴されるように、部活動のあり方が現状のままでは、教師、生徒双方にとってメリットがほとんどありません。色々な意見があるかもしれませんが、個人的にはこの方針に賛成です。現場にしっかり浸透し、守られることを期待します。

2018年2月19日 (月)

即断即決を

日常生活のあらゆる場面において、なるべく即断即決を心がけた方がよいと思います。

私の知る限り、成功している人のほとんどが「即断即決型」です。「少し考えさせてください」だとか「検討します」というようなことはまずありません。彼らは「時は金なり」ということをよく知っているのです。同じ結論を出すなら、早ければ早いほどよいのは言うまでもありません。

あれこれ迷うのは時間の無駄です。迷いには何の生産性もありません。たとえば、外食をする際に3分かけてメニューを選ぶとします。3分くらい大したことないと思うかもしれませんが、それも積もり積もれば大変な時間をロスしていることになります。その時間があれば、他に何かできたはずですよね。

いつまでもグズグズするより、スパッと決断して行動に移してみる。そういう人の方が行動の数が増えて、結果的に成功するのでしょう。

2018年2月18日 (日)

2018年度通常授業及び春期講習のお知らせ

Illust1706現在、一関学習塾のホームページ上に、通常授業及び春期講習のお知らせ がUPされています。

新聞折り込みも予定していますが、すべての地域に入るわけではありません。興味のある方がいらっしゃいましたら、ホームページをご覧いただくか、塾に直接お問い合わせいただければ幸いです。

席には限りがございます。希望される方はお早めにご連絡ください。よろしくお願いします!!

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2018年2月17日 (土)

願わくば

うちの塾には、スノーボードの岩渕麗楽選手と部活も同じだった直の後輩がいます。だからというわけではありませんが、彼女にはオリンピックの舞台で持てる力を出し切ってもらいたい。願わくばメダリストになってくれたら言うことありません。

Dvzu2ddvoaa1vjl

2018年2月16日 (金)

お気遣いありがとうございます

お気遣いありがとうございます。おいしくいただきました。

180215_213513

2018年2月15日 (木)

漱石の歴史論

夏目漱石は、歴史を学ぶ者の陥りやすい過ちとして以下の4つを挙げています。

1 現在をすべての基準にして、歴史的価値を判断してしまうこと。

2 歴史の必然ばかりを強調し、偶然性や想像性を捨て、複雑なことを一筋化してしまうこと。

3 主義の名に固執し、異なった事象や変化を同一視してしまうこと。

4 形式的な分類によってすべてを律してしまうこと。

漱石には歴史小説は一篇もありませんでしたが、見事な歴史論といえるのではないでしょうか。肝に銘じたいと思います。

2018年2月14日 (水)

公立高校入試の倍率(調整前)

公立高校入試の倍率(調整前)が出ましたが、あまり気にせず、ぶれることなく、とにかくできることをやっていきましょう!!

http://www2.iwate-ed.jp/sed/pdf/H30_ippansigan_mae.pdf

«女子が男子より小説の正答率が高い理由